「超」怖い物語

「超」怖い物語 −壱− 屍村

【商品内容】

実話怪談でお馴染みの「超」怖い話に、手強いライバルが誕生した。実話にとらわれず、よりイマジネーション豊かに「恐怖」というものを追及した本書、「超」怖い物語である。「超」怖い話の黎明期を引っぱってきた、あの二代目編著者・樋口明雄が、小説という新たなフィールドで恐怖を紡ぎに帰ってきた。だがしかし、ここに納められている22の短編は、単なる作り話ではすまされない。主人公は著者と同じ物書きであり、怪異の舞台は著者と馴染みの深い山や自然の中であったりする。つまりどこまでが事実でどこからが空想なのか、その境は非常に曖昧と言わざるを得ないのだ。生と死と、夢と現、異質なるものが交じり合う境界で産声をあげたハイブリット・ホラー、その戦慄の声を聞け――。

  • 著者名:樋口明雄
  • 発売日:2006年08月30日
  • 定価:本体552円+税
  • ISBNコード:9784812428184 ( 旧ISBNコード:4812428181 )

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

カテゴリー

●タイトルシリーズ

●著者シリーズ

ページトップへ