「極」怖い話

「極」怖い話

【商品内容】

実話怪談に読者が期待するものの第一はもちろん「怖さ」である。それも怖ければ怖いほどいい。かつてないスリル、独りきりの部屋で思わず後ろを振り返ってしまうような生々しい恐怖感をたえず求めている。しかしながらその一方で、最後には「救い」が用意されていると、無意識に思い込んでいる…。そう、ジェットコースターと同じように、無事にホーム(日常)に帰れるからこそ望むスリルなのだ。体験者の周囲でどんなに恐ろしく悲惨な怪異が繰り広げられたとしても、最後には一件落着、めでたしめでたしで終わるのだろうと思って読み始める。だが、現実がそんな都合良く進むだろうか。無論、答えは否である。本書の話はすべて実話であり、残念ながらそういったカタルシスは期待できない。土地や血の因縁、陰鬱で凄惨な怪異の連続に耐えうるつわものだけに、ページを繰って欲しい。

  • 著者名:加藤 一
  • 発売日:2008年03月29日
  • 定価:本体571円+税
  • ISBNコード:9784812434147

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

カテゴリー

●タイトルシリーズ

●著者シリーズ

ページトップへ