恐怖箱

恐怖箱 しおづけ手帖

【商品内容】

…だが取材してきた話の殆どは、現実としてお蔵入りせざるを得ない。…一種明らかな禍物を―どこかの誰かの苦しみや、恨みの結実であるはずの怪異を―いつまでも懐にしまいこむとへの不安も強い。変色し、傷にまみれた(取材手帖の)革の表紙の下に、なんとも云えない不穏なものが息を潜めているようにも感じる。…そんな私の手帖が近頃、臭った。―臭い。錯覚ではない。饐えた魚を、汗と脂―それに、ほんの僅かな血―で煮込んだような異臭がする。あえて喩えるとするならば、怪我人から発散される濃密な加齢臭、とでも云おうか。…「あのねぇ、いっぱい、幽霊の話とか書いてあると思うんだけど、そういうのは溜め込んでおくと良くないです」<まえがきより>取材ノートの中に封印している実話怪談を名手、松村進吉と深澤夜がついに解禁。発酵し、異臭を放つ聞いたこともない恐怖譚、誕生!

  • 著者名:松村進吉深澤夜
  • 発売日:2009年12月10日
  • 定価:本体629円+税
  • ISBNコード:9784812440438

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

カテゴリー

●タイトルシリーズ

●著者シリーズ

ページトップへ