恐怖箱

恐怖箱 怪想

【商品内容】

怪想――それは忘れたいのに忘れられない奇怪な体験、言うなれば脳に深く食い込んだ恐怖の爪痕、戦慄の想い出である。心に瘡蓋のごとく残るそれをそっと剥がせば、傷口はいまだ生々しく赤い血を滲ませる。それでも剥がしてしまいたくなるのはなぜなのか。それは、恐怖の傷は塞ぐより晒すほうが痛みを和らげるということを、本能的に知っているからではあるまいか。
実話怪談シリーズ「恐怖箱」の人気作家12人が集結、「怪想」をテーマにこれぞという体験談を拾い集め、一冊に織り上げた。小さく深いものから、大きく広がったものまで、嗅覚鋭い怪談ハンターたちが独自のルートで掘り起こした30の瘡蓋……ゆっくりじっくり剥がしてご覧いただきたい。

人気作家の新ネタ階段30本!
脳髄まで震える戦慄の恐怖実話。

  • 著者名:加藤一
  • 発売日:2010年11月30日
  • 定価:本体629円+税
  • ISBNコード:9784812443897

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

カテゴリー

●タイトルシリーズ

●著者シリーズ

ページトップへ