平山夢明監修FKB

怪談実話 叫

【商品内容】

本書はFKB平山夢明監修、黒木あるじの怪談実話シリーズ第3弾「叫」です。「これまでは掲載を控えてきた土着的な話をお伝えできた……」(あとがきより)と語る作者が、恐怖の痕跡も怨念もページに封じ込めた!
代行運転のバイトが遭遇した、ポンコツ車の呪い「濡衣」、残業をしていた高層ビルのオフィスでワープロの画面に浮かび上がる謎の文字「残業」、東北のテレビ局が無理やり取材した仏像が引き起こした異変…「開帳」など36篇を収録。
「書き上げる毎に身体のどこかに障りがある」という怪異が、あなたを震え上がらす!

  • 著者名:黒木あるじ
  • 発売日:2012年03月29日
  • 定価:本体629円+税
  • ISBNコード:9784812448755

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

カテゴリー

●タイトルシリーズ

●著者シリーズ

ページトップへ