恐怖箱 怪想

■作品紹介

怪想――それは忘れたいのに忘れられない奇怪な体験、言うなれば脳に深く食い込んだ恐怖の爪痕、戦慄の想い出である。心に瘡蓋のごとく残るそれをそっと剥がせば、傷口はいまだ生々しく赤い血を滲ませる。それでも剥がしてしまいたくなるのはなぜなのか。それは、恐怖の傷は塞ぐより晒すほうが痛みを和らげるということを、本能的に知っているからではあるまいか。\実話怪談シリーズ「恐怖箱」の人気作家12人が集結、「怪想」をテーマにこれぞという体験談を拾い集め、一冊に織り上げた。小さく深いものから、大きく広がったものまで、嗅覚鋭い怪談ハンターたちが独自のルートで掘り起こした30の瘡蓋……ゆっくりじっくり剥がしてご覧いただきたい。\\人気作家の新ネタ階段30本!\脳髄まで震える戦慄の恐怖実話。

購入サイト

この著者の作品

  • 「超」怖い話 子

    加藤 一 編著

    発売日:2020/1/29
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 怪書

    加藤一編著

    発売日:2019/11/29
    定価:本体650円+税

  • 「超」怖い話 己(つちのと)

    松村進吉 編著

    発売日:2019/7/30
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 屍役所

    加藤一・編著

    発売日:2018/11/29
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 呪祭

    編著:加藤一

    発売日:2018/8/29
    定価:本体650円+税

  • 「超」怖い話 戊(つちのえ)

    編著:松村進吉

    発売日:2018/7/30
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 閉鎖怪談

    加藤一 他

    発売日:2017/11/29
    定価:本体650円+税

  • 「超」怖い話 丁(ひのと)

    松村進吉

    発売日:2017/7/29
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 禍族

    加藤一

    発売日:2017/6/29
    定価:本体650円+税

  • 「超」怖い話 鬼胎

    深澤夜

    発売日:2014/9/29
    定価:本体640円+税

infomation