竹書房怪談文庫TOP > 怪談NEWS > 2chの怖い話 > きさらぎ駅のあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

きさらぎ駅のあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

2chの怖い話・きさらぎ駅

Pocket

無料で読める怪談話や怪談イベント情報を更新しています

「きさらぎ駅」とは

きさらぎ駅とは、2ちゃんねるのオカルト版「身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ」に2004年に寄せられた投稿が起源の都市伝説である。

投稿者であるハンドルネーム「はすみ」が電車で帰宅中、車内の様子がおかしいことに気付き、電車から降り立った無人駅「きさらぎ駅」(実際には存在しない)での不可解な出来事を実況する。実況は車内から始まり、約4時間にも及ぶ。

投稿から15年以上経った2020年においても、いまだに2ちゃんねる住民の間では伝説となっている。

「きさらぎ駅」のあらすじ

ハンドルネーム「はすみ」は、帰宅するために静岡県浜松市にある新浜松駅から23:40発の電車に乗った。「普段は数分で停車する」電車であるにも関わらず、この日は20分以上駅に停まらないという。さらに5人ほどいた乗客は皆眠っている。

やっと停車した駅で降りたところ、それが実在しない「きさらぎ駅」であった。

駅の周囲には山と草原しか見えず、公衆電話やタクシーも見当たらない。諦めて線路を歩いて帰ることにした「はすみ」だが、さまざまな怪奇現象に遭遇することに…。

起:きさらぎ駅

「はすみ」が降り立ったのは「聞いたことも見たこともない」無人駅である「きさらぎ駅」。なぜ見知らぬ駅で降りたのか? それは電車の様子がおかしい上に、たまたま電車が停車したからである。ここから恐怖の体験が始まる。

降車したは良いものの、駅周辺は山と草原。電車に乗ろうと駅で時刻表を探すも見当たらず、乗車していた電車も発車してしまった。

無人駅かつ深夜(24:36)のためタクシーなども見当たらない。つまり、降りたところで帰る手段は皆無。家族に迎えに来てもらおうと電話するが、そんな駅は知らないと言う。

承:線路を歩いて帰ることに

2ちゃんねる住民も「はすみ」の実況中にリアルタイムで「きさらぎ駅」を検索するも、駅名がヒットすることはなかった。

諦めた「はすみ」は線路を歩いて帰ることを決意する。確かに線路は続いているので、普通の理屈であればいつかは帰宅できるはずである。この時点で深夜25:18

父親から電話があり、居場所がわからないと伝えると「110番しろ」と言われかけてみるも、警察には「いたずら電話だろ」と怒られてしまう。

転:遠くで聞こえる太鼓と鈴の音

線路を歩いていると、どこか遠くの方から太鼓を鳴らすような音と鈴の音が聞こえてきた。

そこで後ろから聞こえてきたのが、「線路を歩いたら危ないよ」という声。駅員だと思い振り向くと、片足だけのお爺さんが立っていたという。しかし、お爺さんはそのまま消えてしまった…。

そのうち太鼓の音が近づいてくる。そして線路はトンネルにさしかかった。トンネルの名前は「伊佐賀」。トンネルを抜けた先に、誰かが立っていた。時刻は27:10になっていた。

結:トンネルを抜けた先に居た人

立っていた男は近くの駅まで車で送ってくれると言う。そこにビジネスホテルがあると。場所を聞くと比奈(静岡県富士市)だというが、乗車した新浜松駅からは100km以上離れている。

実況を聞いた2ちゃんねるの住民たちはさすがに不審に思い、「行くな」と助言するも、「はすみ」は車に乗ってしまう。

確かにこんな深夜に人が立っているのはおかしいだろう。

車はどんどん山の方へ入っていく、と実況する「はすみ」。男はどんどん無口になり、やがてぶつぶつと独り言を言うようになった、とも投稿している。

ここで「はすみ」の携帯のバッテリーが切れそうになる。「隙があったら逃げようと思う」「いざと言う時のためにこれを最後の書き込みにする」と打ち込んで、以降の書き込みは途絶えた。

「きさらぎ駅」の後日談

時が経つこと7年。2011年のことである。なんと「はすみ」からの書き込みがあった。そこには当時のエピソードが記されていた。

森の中で運転手が車を停めたところ、光が見えたという。そして歩み寄ってきたひとりの男性。そして車に衝撃が…。すると、運転手は消えていた。

男性は「運転手は消した、今のうちに逃げるんだ」「光の方へ歩け」と「はすみ」に告げたという。

まぶしくなって目を開けると、そこは最寄り駅で両親が車から呼んでいた。この7年間の記憶は「はすみ」には全くないと言う…。

その2ヵ月後、別の人物がツイッターにて「電車で寝過ごした結果、きさらぎ駅に着いた」と呟く。画像も添付されており、鉄道マニアたちは検証を開始する。しかしこの騒動の後、その人物はツイッターを非公開にし、アカウントも削除してしまう。

その後も複数人から「きさらぎ駅に着いた」という投稿が重なり、実在しないこの駅は今に語りつがれることになった。

なお、鉄道の担当者によると、社内にも「きさらぎ駅」を知る者は多いと言う。ただし、沿線に「きさらぎ駅」が存在しないことは紛れもない事実だ。

現在、「はすみ」は何をやっているのか、そもそも実況が釣りであったのかは謎のままであるが、電車に乗っていて万が一「きさらぎ駅」にたどり着いた時は、くれぐれも細心の注意を払ってほしい。存在しない空間に迷い込んでしまうかも…。

きさらぎ駅を読んだ人の感想

初めて「きさらぎ」を読んだとき、自分もうっかり迷いこんでしまったらどうしよう、と思った。2chはほかにも異世界に行ってしまう話が多くあり、その中でも「きさらぎ」は、きっかけも原因もなく、日常の地続きで向こう側へ行ってしまうので、いつ自分に降りかかってくるか分からない点が怖い。 「きさらぎ」にはほかのバージョンもあり、事情がわかっているお坊さんに実世界へ戻してもらう話もあるが、もしこれらが事実だとしたら、戻って来られない人も何人かいるのではないだろうか?もし自分がそんな目に合ったら、と想像するとゾッとしてしまう。なぜかネットや電話はつながるらしいので、モバイルバッテリーを常備しておいたほうがよさそうだ。 異世界をまったく信じない人もいるし、これらの話が創作ということも考えられるが、なにかしら近いエピソードがあったからこそ語り継がれているような気がする。きっとこれからも、新たな体験談が書き込まれていくだろう。それが自分の手によるものでないことを、ただただ祈るばかりだ。

かなり怖い話で、作り物だろうと分かっていながらもグイグイ話に引き込まれましたね!大分前に読んだのですが、未だに覚えているシーンがあります!女の子が2チャンネルの人たちと会話しながらも、降りた駅で異様な太鼓の音がして怯えているところです!読み進めていくうちに、適当なことを書き込む人や女の子のことを気遣って出来るだけ考えて言葉をかけてあげる人など、それぞれのやり取りに釘付けになりましたね!でも最終的に、どうなったのかまでは書かれておらず、モヤモヤしたのを覚えています。

いつも使っている駅なのに最終的にどこだかよくわからない駅に迷い込んで、というのは異世界に迷い込んだ的な部分があって、かなり怖いと思いました。祭囃子とか太鼓とか普段聴いているのであればそれほど怖いものではないにも関わらず、そのような状況で聞いたら卒倒しそうです。最後まで謎が解けないというのも個人的には相当に怖い部分であると思います。乗客がずっと寝ているとか不可解な状況ではありますが具体的に化け物とか幽霊にあっているわけではない、という点も恐怖心をあおられます。

現代版の民話・伝承の印象を持った。「遠野物語」で有名な民俗学において、民話は地域の風習や禁忌的なものを言い伝えるものでもあったと思う。現代も同じように、「電車で寝ていたら危険な目にあうよ」という、戒めのように思う(スリ、痴漢…など電車でのうたた寝には危険が伴うため)。きさらぎ駅を読んで、異世界に連れていかれる…というのは暗喩であって、寝ないようにさせないための話ではないだろうか。「遠野物語」のように地域にはとらわれず、現代における一般的な戒めを示している話もあるように思った。

現実なのか非現実なのか読んでいる自分でも分からなくなる不思議な感覚の話。それでもこれだけ事細かく時間や状況、周りの様子などが書かれているのだから、やはり現実に起こったことなのだろうか。実際に自分も電車に乗っていて乗り過ごしてしまうことがあるが、この話を見てからは少し電車に乗ること自体が怖くなってしまった。その後きさらぎ駅について調べたところ、関連する無人駅の写真や考えられる場所、他にも経験したことのある人の話など様々な憶測が並べられており、さらに想像力を膨らませてしまう。読み終わったあとに、怖さや不気味さなど、不思議な感覚を覚えるオカルト要素のある話であると感じた。

「きさらぎ」は主人公の「はすみ」の行動に共感できない点が多かったため、都市伝説というよりフィクション要素の強いファンタジーのように感じた。 1つ目の共感できなかった点は、最初の、電車内の様子がおかしかったからと言って夜中に何もない知りもしない駅で降りるというところだ。 私だったらその電車以外に帰る手段に当てがなければ途方に暮れることが目に見えているので絶対に降りられない。 2つ目の共感できなかった点は、歩いている途中で片足のない老人が消えるというとてつもない光景を見たにもかかわらず、これまた夜中にトンネルを抜けるところだ。 よくわからない太鼓と鈴の音までしているならなおさら、私だったら暗いトンネルには入れない。 3つ目の共感できなかった点は、そんな状況でトンネルを抜けた先に立っていた知らない男の車に乗るところだ。しかもその知らない男は最寄りの駅は比奈だと言っている。新浜松駅からは100キロ以上離れている。2chの住人も止めているのに怪しさしかない見知らぬ男の車に乗ってしまい、案の定人気のないところに連れていかれ命の危険を感じることに。 夜中の山奥の暗くて不気味な雰囲気は入り込むことができたので、もう少し上記3点の行動が自然でがあればもっと素直に怖がれたと思う。

つい、世の中の噂話に耳を傾ける傾向がある私だが。 都市伝説とも呼ばれる無いはずの「きさらぎ駅」を知った時、アリもしない駅に興味が湧いてしまった。 そこで調べると、不可解な事態に遭遇してしまった「はすみ」と言う女性が駅から帰宅出来ない状況に陥るのだが…。 なんと彼女は、暗闇の中で経験した事がない恐怖と戦いながら帰宅を目指してしまうのである。 だが、もし自分なら駅から一歩も歩く事が出来ない恐怖を感じてしまうし、嫌な予感しかしない行き先には得体の知れないモノを感じるけど…。 薄々、本能で感じていたリスクが実際に起きてしまい記憶を失う結果となっているのも知ってしまった今、万が一、あなたが「きさらぎ駅」に行ってしまったなら…。 極論すると、無事に帰れる保証はないという助言はしておきたいものである。

今まで「きさらぎ」という言葉も聞いた事も見た事も無かったが、今回この話を読んで、よく帰りの電車で寝過ごす事が多い私は背筋がぞくっとしました。きっと世の中にはこのような別世界と繋がっている場所があるとは思っていたので、この話は現実であると信じています。しかし、10年以上たっても話題になっているという事は、話の信憑性が高いのだと思います。また、具体的な地名が出てくるので、きっと試している人も多いのだと思います。私も今度の休みにでも訪ねてみたいと思います。

この当時から2ちゃんねるを利用していたが、この「きさらぎ」の騒ぎは知らなかったので一読してみた。 恐らくプロットとして円谷プロダクションの製作した1966年の古典ホラー「ウルトラQ」の第28話「あけてくれ」をインスパイアしているのだろう。 これは、この物語が話題になった2004年にはウルトラQのリメイクである「ウルトラQ dark fantasy」が深夜に放送され、名作の38年ぶりのリメイクとして話題になったことからも想像される。 また、実はこの数年前には現実社会で若い女性の失踪劇が起こっており、公開捜査後に報道がストップして不可解な印象を持ったことを30代以上の方は覚えているだろう。 そしてこの「きさらぎ」の登場場所、地名を聞いてピーンと思う方は多いはずである。 創作とリアルをうまくミックスさせた物語を実況というライブで行ったという点が伝説になった要因であるとつくづく感じた。

電車に乗っていてあるはずのない駅に着く、というストーリーは興味深かった。ただ単にまとまった文章で書かれるより、実況というのがなかなかリアルで怖いし、もし自分がリアルタイムで読んでいたなら次の投稿が気になってたまらなかったと思う。 この投稿が真実ならものすごく不可思議で怖い。助けてくれた男性は何者なのか、なぜ7年間の記憶がないのか、とても気になる。 そしてもし釣りや創作であったとしても、実況というスタイルはなかなか面白く興味深い。

電車に乗っていたらいつの間にか知らない世界へ行ってしまう。あたり前のように電車を使う毎日だがそんな中で突如きらさぎ駅へと誘われた時、果たして「はすみ」のように駅から出て行動を起こせるだろうか。停まらない電車、寝静まった他の乗客、いかにも怪しい雰囲気がする外の世界...そんな空間に1人連れて行かれたらと思うとゾッとする。怖い話だが、きらさぎ駅は自分も一度は体験してみたいと思わせる不思議な魅力があり、何度読んでもその世界観に魅了される。

2chの怖い話・きさらぎ駅

この記事が気に入ったら
フォローをお願いいたします。
怪談の最新情報をお届けします。

この記事のシェアはこちらから

関連記事

ページトップ
error: Content is protected !!