竹書房怪談文庫TOP > 怪談NEWS > 2chの怖い話 > 猿夢(さるゆめ)のあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

猿夢(さるゆめ)のあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

2chの怖い話・猿夢

Pocket

無料で読める怪談話や怪談イベント情報を更新しています

「猿夢」とは・あらすじ

猿夢とは、2ちゃんねるのオカルト版怖い話のスレに2000年に寄せられた投稿を発祥とした、今なお語り継がれる都市伝説である。

「猿夢」のあらすじ

猿夢は投稿者が見た夢の話あり、スレの中で猿夢というワードが出てくるわけではない。「猿の電車の夢」を略して猿夢と呼ばれる。

夢の中で、猿が運転する電車に乗っていたところ、残虐な行為を示唆するアナウンスが流れ、乗客が次々に惨殺されていくという内容。

猿夢の話を聞くと、同じ夢を見るという噂も。検索してはいけないワードとしても知られている。

起:「猿夢」のはじまり

投稿者は夢の中で、薄暗い無人駅に1人でいた。そこで流れたのが「まもなく電車が来ます。その電車に乗ると怖い目に遭いますよ」というアナウンスであった。

まもなく電車が到着する。しかし、通常の電車ではなく、かつて遊園地などでよく見かけた、お猿さん電車のような形であった。乗客は数人の男女で、みんな顔色が悪い。

投稿者は、おかしいなと思いつつも電車に乗り込むことに。夢を見ている自覚のある時は自由に目覚めることができたので、恐怖試しのつもりで電車に乗ることにした。いざとなったら目を覚ませばいいのだから。

承:恐怖のアナウンスと次々起こる惨劇

うしろから3番目の席に座った投稿者。生暖かい空気が流れ、夢なのに妙にリアルな感触があった。

電車は動き出し、しばらくしてアナウンスが流れる。「次は活けづくり~活けづくりです」という謎の内容であった。魚の活けづくりか?などと考えていると、背後から悲鳴が…。

振り向くと、一番後ろに座っていた男性が、四人の小人に刃物で体を裂かれていた。男性の体からは内臓が取り出され、周囲には血まみれの臓器が散らばっている。気がつくと男性の姿は消えていたという。

さらに、「次はえぐり出し~えぐり出し~」のアナウンスが流れ、投稿者の背後に座っていた女性が、2人の小人にスプーンのようなもので眼球をえぐり出されていた…。

順番からいくと、次は投稿者の番である。いつでも夢から目覚められる状態であったので、自分にはどんなアナウンスが流れるのか確認してから目覚めようと思ったという。

転:「次は挽肉~挽肉です~」

そして流れたのが「次は挽き肉~挽き肉です~」というアナウンス。先のアナウンス後に起きた惨劇から、どうなるか容易に想像できた。夢とはいえ、怖い思いはしたくないので目を覚まそうする投稿者。

「夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ」と念を送るが、なかなか覚めない。次第に、「ウイーン」という機械音が近づいてきた…。おそらく乗客を挽き肉にする機械の音だろう。小人が投稿者の膝に乗り、機械を顔に近づけてくる。音が大きくなり、風圧も感じはじめたところで、やっと夢から目覚める。

なんとかミンチにされずに済んだが、全身が汗でビショビショで、気がつくと涙を流していた。

結:突如はじまった、恐怖の夢のつづき…

悪夢から4年が経過し、猿夢のことはすっかり忘れていた投稿者。しかし、ある晩それは突然に始まった。

次はえぐり出し~えぐり出し~」というアナウンスで、あの夢の続きであるとすぐに気づく。前回の夢とは違い、すでに電車に乗っている。

一度目の悪夢同様、背後の女性の眼球がえぐり出される光景を目にし、すぐに「ヤバい」と感じた。夢から目覚めろと念じるも、今回もなかなか目が覚めない。

そして、「次は挽き肉~挽き肉です~」というアナウンスが流れる。前回は挽き肉にされる直前に目が覚めたが、果たして目覚めることができるのか。

「ウイーン」という機械音がだんだん近づいてくる…。「夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ」と強く念じる投稿者。すると、やっと目を覚ますことができた。

しかし、目を開けようとした瞬間、「また逃げるんですか~次来た時は最後ですよ~」というアナウンスの声が聞こえたという…。

猿夢を見ると…

猿夢は、夢で実際に挽肉にされてしまうと現実で死んでしまうとも囁かれている。投稿者が3度目の猿夢を見たかどうかはさだかではなく、夢で挽肉にされたらどうなった、という報告もその後一切ない。

ただ、「猿夢を見た」という人が多いのは、この投稿がサブリミナル効果で植えつけられたからだろう。「検索してはいけない」と言われているのもそのためだ。万が一見てしまったとしても、夢で死ぬわけではないと思うが…。

猿夢を読んだ人の感想

この話の恐ろしい所は、夢が舞台であるため、投稿者が死んだのか死んでいないのか、明確に分からないことである。 有名な「胡蝶の夢」の話にあるように、今が夢なのか現実なのか確かめる術はないため、自分が既に死んでいるのか、夢の中で死んだだけで、目覚めれば現実が待っているのか、自分自身のことですら明らかにするのは不可能である。 さらにこの夢は、「電車」という現代人に馴染みがあって、よく夢に登場しがちなシチュエーションが舞台である。なので、読者の記憶に残り易く、この夢を追体験する可能性が高いのであろう。 自分がいつ死ぬのかわからない、平和にみえる日常が生命を脅かす危険だらけであるという事実、夢は本当に夢で、現実は本当に現実か、自分の生死が確かめられない、そういったこの世界に根差した不安定さ、人間の認知能力に限界があるという事実が、読む者にとってこの話を恐ろしく感じさせる要因なのであろう。

電車の中で乗客が順番に殺されていき、次は自分の番が来るというハラハラ感が伝わってきてかなり恐怖を感じた。夢の中の話なので特に実害は無いのかと思いきや、最後駅員がアナウンスした「次で最後ですよ」という言葉からすると、本当に次の夢でひき肉にされてしまうと現実世界でも死んでしまうのではないだろうか。投稿者が目撃した電車内で小人に殺された人はどうなっているのか、そしてなぜ投稿者は電車の乗客として選ばれたのかという部分が疑問に思った。

わかりやすく怖いストーリーで、リアルにこういう夢を見てしまいそうでゾクゾクしてしまった。夢が夢だと気がつくと目が覚めてしまうのはどうしてなのだろう。挽肉にされるまで目が覚めなかったら一体どうなってしまうのか気になった。自分だったら例え夢であっても見るからにヤバい電車には乗らないし、そんな恐ろしい真似はしたくない。挽肉のあとは何が待っているのかも気になる。実話であるならば投稿者には経験してみてほしいなとも少し思った。

猿夢で怖いと思ったのは、その夢を回避する方法が無く見る可能性があるということだ。回避する方法があれば何とかなるかもしれないが、無ければどうすることもできない。 見るのはいつなのか?現実の世界で死ぬ前の時は意識は猿夢の中になるのか?どうなるのかわからない不安を自分は感じました。対策としては見ないように祈ることぐらいしかない。猿夢で殺される場合、夢の中でも痛みは感じるのだとしたら恐怖である。出来ることなら絶対に見たくない。

読んでいくうちに投稿者の感じている「底知れない恐怖感」をこれでもか、と浴びせられる、そんな最恐ストーリーだった。電車の中で無慈悲な殺戮が始まり、その魔の手が徐々に近づいてくる緊張感を、まるで本人かの様に読んでいる自分も感じ取る事が出来た。そして、夢が覚めてしまえばすべてが終わる、恐怖はそこで終わるんだ、そういった希望を見事に打ち砕く「また逃げるんですか、次は最後ですよ」という言葉、この展開は本当に怖い。「恐怖のエンドレスループ」の始まりを予感させるこの終わり方、多くの方が恐れおののくのも頷ける、まさに悪夢の中の悪夢である。

猿夢の怖いと感じるところは、いったん物事が終わったと思わせておいて、4年の歳月が過ぎたときに再度妖怪が現れたところです。一度出会ってしまった、その声を聞いてしまった主人公を決して放そうとしない妖怪の怨念が、鳥肌が立つくらい怖かったです。一度読んでしまうと、なかなか忘れることができないエピソードですし、自分の身にも同じようなことが起こるのではないかと想像してしまうところも猿夢の怖さに含まれるのではないでしょうか。

猿夢という言葉は初めて聴きました。そして、初めて読んだときにあれこれと同じような夢を見たことあると思ったのが第一印象です。私は40代後半の男性です。この話は2000年の話だということでちょうど私が20歳前後の頃のことですが、私も夢の中であまり鮮明には記憶していませんが電車でなぜか怖いところへ向かうというような夢を見たのを覚えています。それがこの猿夢かと言われればなんとなく似ているような細部が違うような気もしますがあれって思う気になる感じです。私が夢を見たのももう20代の頃なのでその後は見ていませんが確かに続きは気になりますね。私はそのときの記憶は夢とは認識してなく夢よ覚めろといって覚めたのではなく、うろ覚えでは恐怖から記憶を失って寝ていたような気がするのですが、後から思い返してみても電車でどこまで行ったのか降りたのかすら思い出せませんでした。なので今回初めてこの記事を読んでちょっと気になり本当に結末が知りたいと思ってしまいました。

「夢」というのはとても怖いテーマで、なぜならば自らコントロールできない。 内容もコントロールできないし、いつ見るかもわからない。だから逃れることができないのだ。 この話を目にした人間も、これが記憶に刻まれたことによって、今後夢を見てしまうかもしれない。 仮に記憶から消すことができたとしても無意識にはずっと残り続けて、いつかふと夢に現れてくるかもしれない。 「検索してはいけない」というのも、そういうことだろう。 もし一度その夢を見てしまったら、もうそのコントロール不可能な、いつ見せられるかもわからない「夢」の恐怖から逃れることはできないだろう。 恐ろしい。

怖い夢というのは誰でも見ると思うが、ここまで具体的に他人がグロテスクに殺される夢というのは自分でも見たことがない。しかも、夢から覚めてもその夢を具体的にかつはっきりと覚えているというのは、本当に恐ろしいと思う。他人が殺されるさまを見て、またそれが自分にふり掛かってくるというのはどれだけ怖いのだろう、しかも夢から覚めてもまたその夢を見れば、次は自身が殺されるかもしれないというのは、自分なら不眠症になって寝られなくなるかもしれない。

「猿夢」を読んだ感想は、夢の中でいつでも目を覚ますことができるという設定、これから怖いことが起きますという前置きで読み手の期待感・ハードルを上手く上げられており、怖いもの見たさの好奇心で完全にストーリーの中に早い段階で引き込まれていった。「活けづくり」「えぐり出し」「挽肉」っていうとぼけたネーミングも逆にその後の凄惨な状況との対比で読み手が感じる恐ろしさを倍増させており、読んでいて身震いが起きる程であった。ワードを検索しない方が良いという紹介も理屈があり、展開としても面白く、素晴らしいと思った。

現実か夢なのか、精神が混乱していく様子が怖かった。猿と小人四人や電車は、どういう繋がりなのだろうか。遊園地が関係しているのだろうか。愉快な雰囲気の中にある狂気のようだ。ペニーワイズを連想してしまった。夢を見た人のその後はわからないものの、教訓を残してくれたように思う。危ないと示されたものに、興味本位で試してはならないと思った。数珠繋がりで人々の恐怖心に広がっていくという噂も、ますます怖い気持ちをかきたてるようだ。

2chの怖い話・猿夢

この記事が気に入ったら
フォローをお願いいたします。
怪談の最新情報をお届けします。

この記事のシェアはこちらから

関連記事

ページトップ
error: Content is protected !!