竹書房怪談文庫TOP > 怪談NEWS > 2chの怖い話 > ヤマノケのあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

ヤマノケのあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

2chの怖い話・ヤマノケ

Pocket

無料で読める怪談話や怪談イベント情報を更新しています

「ヤマノケ」とは・あらすじ

娘とドライブに出かけた投稿者は、調子に乗って山奥に入りそこで車が故障してしまう。

仕方なく娘と共に車中泊で一晩を明かしていると、どこからか「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」という不気味な声が聞こえてくるのであった…。

起:親子で山道をドライブ

事件が起きたのは、投稿者がこの話を投稿する1週間前のことである。投稿者は娘を連れてドライブに出かけていた。山道を行き途中のドライブインでご飯を食べる、そんなありふれたドライブだった。

そのドライブの最中、投稿者は娘を驚かそうと舗装されていない脇道に入っていく。怖がって制止する娘の反応が面白く、投稿者はどんどん脇道を進んでいく…。

そうすると急にエンジンが止まってしまったのだ。山奥なので携帯電話も繋がらず、車の修理も出来ない。ご飯を食べたドライブインまで歩くとしても何時間もかかるだろう。結局その日は車中泊をして、朝になったらご飯を食べたドライブインまで歩くことにした。

車内で寒さを凌いでいるうちに外は暗くなり、夜が訪れる。時折、風が吹いて木がザワザワと言うぐらいで、夜の山は静寂に包まれていた。

気が付くと娘は助手席で眠ってしまっており、投稿者も寝ようと瞼を閉じる。そうすると風の音ではない、何かが聞こえてきた…。

承:テン・・・ソウ・・・メツ・・・という不気味な声

それは「テン(ケン?)・・・ソウ・・・メツ・・・」と、声だか音だか分からない感じで繰り返しており、言い知れない気味の悪さを感じる…。

最初は何かの聞き間違いだと思い込もうとして目を閉じていたが、音がだんだん近づいて来る気がする。たまらなくなって目を開けると、「白いのっぺりとした何か」がめちゃくちゃな動きをしながら車に近づいてくるのが見えた…。

「白いのっぺりとした何か」は、例えるならウルトラマンのジャミラのような頭がない姿をしており、足は一本に見えた。それがケンケンしながら両手をめちゃくちゃに振り回して、身体全体をぶれさせながら車に向かってきているのだ。

恐怖のあまり叫びだしそうになった投稿者だったが、その時は「隣で寝ている娘がおきないように」と、変なとこに気が回って叫ぶことも逃げ出すことも出来ずにいた。そうこうしている間にも「白いのっぺりとした何か」は車に近づいてくる…。

だが、どうやらそいつは車の脇を通り過ぎていくようだ。通り過ぎる間も「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」という音がずっと聞こえていた…。

転:テン・・ソウ・・メツ・・とつぶやく娘

音はだんだん遠ざかっていく。後ろを振り返ってみてもそいつの姿はない。投稿者はホっとして娘の方を向き直ると、そいつが助手席側の窓の外にいたのである…。

そいつは顔が無いように見えていたが、近くで見ると胸の辺りに顔が付いており、恐ろしい顔でニタニタと笑っている。怖いという感情よりも娘に近づかれた怒りが勝り、「この野郎!!」と叫ぶ投稿者。

そう叫んだ瞬間、そいつは消えて、娘は跳ね起きた。投稿者は自分の怒鳴り声に娘が驚いたのだと思い謝ろうとすると、娘は「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」とぶつぶつ言い出した。

「ヤバい!」と思い、何とかこの場を離れようとダメ元でエンジンをかけてみると、驚くことにエンジンがかかった!急いで来た道を戻るが、その途中も娘はぶつぶつとつぶやいている。

ようやく街の明かりが見えてきて少し安心したのも束の間。娘のつぶやきが「はいれたはいれた」から「テン・・ソウ・・メツ・・」にいつの間にか変わっている顔も知っている娘の顔ではないように見えた…

結:女性に取り憑くヤマノケ

家に帰ってもこのままではどうしようもないと思い、投稿者は目についた寺に駆け込んだ。夜中だったが明かりがついており、娘を引きずりながらチャイムを押すと中から住職らしき人が出てきた。

出てきた住職は娘を見るなり、投稿者に向かって「何をやった!」と怒鳴る。投稿者は山に入ってしまい変なものを見たことを伝えると、住職は残念そうな顔をして「気休めにしかならないだろうが…」とお経をあげて娘の肩と背中をバンバンと叩き出した。

住職が今晩は泊まっていけと言うので、投稿者は娘が心配なこともあり泊ることに。そこでこの怪異の原因について知ることになる。

住職が言うには娘に取り憑いたのは「ヤマノケ」という怪異で、49日経ってもこの状態が続くなら一生正気に戻ることはないらしい。そうならないように、住職は娘を預かって「ヤマノケ」を追い出す努力はしてくれるとのこと。

続けて、あのまま家に帰っていたら、妻にも「ヤマノケ」が憑いていただろうと言う。どうやら「ヤマノケ」は女性に取り憑く怪異のようで、完全に娘から「ヤマノケ」が抜けるまでは妻は娘と会えないとのこと。投稿者は妻に事情を話し、何とか信じてもらった。

そして投稿者がこの話をしている現在、1週間経ったが娘はまだ住職の元にいるという。投稿者は毎日様子を見に行っているが、ニタニタと笑って何とも言えない目つきでこちらを見てくる姿は、もう以前の娘ではないようだと語っている…。

ヤマノケを読んだ人の感想

全く原因も分からないまま怪異にあたるのって、ものすごく怖いですね。特に何をしたわけでもなく、通り過ぎようとした怪異が、たまたま近くに女性がいたから取り付いた、というのが気味が悪いです。娘さん、一体何にとり憑かれたのでしょうか。ちょっと娘さんを驚かせてやろうとしたお茶目が、こんな事になってしまって、投稿者さんには同情しますが、やっぱりよく知らない山で危険なことはしては駄目ですね。今後どうなっちゃうのか、とても不安です。

怖い。普通に怖い。夜の山には二度と絶対に行かないと思った。こういう類の話は「え、本当にあるの?」と思うようだが、この話は非常にリアル。娘さんに乗り移ってしまったのだろうか?そして「テン・ソウ・メツ」には何の意味があるのだろか、ヤマノケはどんな怪異なのだろうか…とても気になるし、あり得そうな話だから気味が悪い。身震いした。どうか娘さんがまともに戻れる日がくるように祈るしかない。それから、この怪異が今後悪さをしないような手立てが見つかると良いと思った。

読んでみて思ったのは、そんなに怖いとは思わなかったです。のっぺりとしたものを例えとして、ウルトラマンのジャミラと書いているのでそこで、怖さが失くなりました。そしてはいれた、テン、ソウ 、メツという娘の言葉も文章を読んでいくと何か、伏線を引いていて最後何かあるかなと思ったら特になかった?ので、そんなに怖いとは思わなかったです。最後の方に事情を知っているお坊さんが出てきましたが、そのお坊さんも特に真相を明らかにしなかったので残念です。

寝る前に読みましたがとても怖かったです。怖い話やホラー映画は好きで良く見ますが娘が怖がる反応を見るのが楽しくついつい驚かせてしまいたくなる気持ちもわかり、他人事ではなく感じました。呪い方や娘にとり憑いた時の言動もとても怖かったです。また寺の人間でも娘から追い出せるかわからない事と49日以内に追い出せなかった場合一生元に戻らないという状態もかなりの恐怖を感じ、山の中であのままエンジンがかからなかったらどうなっていたのかと思いました。

いかにも恐ろしい山の中を分け入り、車の故障と重なると怖さがある。本当に身近な人の中で起きた話を聴かされたら、もっと、臨場感があり怖い話ではあるのだが、聴覚や視覚に訴えるものがあったら、もう少し違ったかもしれない。 娘がこの先、治らないかもしれないと告げられる点に於いては、子供を持つ者の心情として耐え難いことなので、それは考えたくない話である。そのまま、僧侶のもとに置いて帰ることさえも、私には信じられない話で、色んな点で背筋が凍りつく話でもある。

まず投稿者に言いたい。なぜ娘を驚かせようとして凸凹道を選んだのか、そこを問い正したい。怪奇現象に遭ったのも相当な苦しみだが、死ななかっただけでも正直マシだろう。ヤマノケの姿かたちを想像してしまったのだが、深夜のこの時間は辛い。怖い、絶対夢に出てくる。ニタァ、と笑うところにゾワゾワっと背筋が凍った。その後の娘のはいれたはいれた連発が、もうダメだ。怖すぎる。元々夜に山道とか怖くて無理だったのが、ヤマノケの話読んで拍車掛かってしまった。

ヤマノケが呟いていたと思われる「テン・・ソウ・・メツ」という言葉にはどんな意味があるのかが気になった。そして住職はどうやらヤマノケを知っているようなので、これまでも何人かが取りつかれたことがあってあの住職が助けたのだろうと思う。 投稿者の娘はてっきりヤマノケが抜けて話が終わると思っていたので、まさか1週間経っても状態が変わらないということに驚いた。なんとか住職のもとで頑張ってヤマノケと戦い抜いてほしいと思う。

ラストの娘の状態に寒気を感じました。ニタニタと笑って何ともいえない目つきでこちらを見てくる姿は~というフレーズがやばいですね。なんというか、その光景を想像出来てしまうといいましょうか。実際自分の娘がこんな目に遭ったらと思うと、ただただ恐怖しかありません。でもこれ、妻に合わせる顔がないですよね。夫が娘を連れて出掛けたと思ったら、娘の状態はおかしくなって会わせてももらえない状態になっているわけですから。49日後、娘さんがどうなったのかの顛末が知りたいです。

ヤマノケの存在や行動に謎が多すぎて怖かった。 そもそもヤマノケのような化け物に、存在の理由なんていらないのかも… 面白がって山の脇道に入るのは危険な行動。 車のエンジンが止まる時点で、ヤバイものが近づいている感がバシバシ伝わってくる。 寺に辿り着きほっとさせておきながら、1週間経っても娘が正気に戻っていないことにゾッとした。 このままヤマノケにとりつかれたままなら、娘もヤマノケになり、化け物が増えたことになる。 終わりのない怖い話だと思った。

「ヤマノケ」を読んだ感想としては、山奥の暗闇の中で不気味な白いのっぺりとしたものが車を行き過ぎたと思ったら、助手席側の窓の所でニタニタと不気味に笑っている場面の描写がとてもスリリングで、恐怖を感じさせた。物語の中では、ヤマノケの正体にはあまりふれられていなかったが、知りたいと思わせる内容であった。読み手を引き込む文章の繋がりの美しさ・心地良さがあるため、課金してでも物語の続きを知りたいと思わせる作品であった。

2chの怖い話・ヤマノケ

この記事が気に入ったら
フォローをお願いいたします。
怪談の最新情報をお届けします。

この記事のシェアはこちらから

関連記事

ページトップ
error: Content is protected !!