平山夢明監修FKB

ふたり怪談 伍

【商品内容】

前作から一年、第五弾となる『ふたり怪談』は、怪談の書き手としても第一線を突っ走る黒木あるじと黒史郎がタッグを組む。
黒史郎は、歩道橋の隅で座っている女の子…どこかで会った記憶「女児橋」、入居したマンションの天井の染みの弊害が…「侵食」、宝石商が語る曰くの石の話「金庫」など、都市を舞台とした怪談を。
黒木あるじは、鬼伝説が謳われるキャンプ地で起きた出来事「鬼靴」、消えた六歳の女の子の行方を捜すと…「神隠」、昭和の始め、オン婆から聞いた不思議な話「雪女」など、地元である東北で取材をした怪談を。
二人の異なる「黒」が重なり合うとき、思わぬ深い闇が目の前に口を開ける。色濃い闇にただ委ね、恐怖の底へ誘われよ。

  • 著者名:黒木あるじ黒史郎
  • 発売日:2015年01月29日
  • 定価:本体640円+税
  • ISBNコード:9784801901513

発売日は地域によって前後する場合があります。

立ち読み

購入サイト

下記ネットショップよりお選び下さい。

カテゴリー

●タイトルシリーズ

●著者シリーズ

ページトップへ