怪談四十九夜 病蛍

■作品紹介

黒木あるじの元に集う怪談の猛者たちが、その腕を振るう人気シリーズ第10弾!

仕事で訪れた屋敷で少女に見せられた奇妙な物「阿弥陀さんでしょ」(朱雀門出)、出張先のホテルの夜、誰かが名前を呼ぶのだが…「だりさわ」(我妻俊樹)ほか、小田イ輔、鷲羽大介。そして、新たな書き手として注目を集める鈴木捧・大谷雪菜、巧みな筆致で怪異を綴る講談師の旭堂南湖、『出雲怪談』で頭角を現した古川創一郎、人気怪談朗読YouTuberのりっきぃ――と今回も初参加の書き手5名が大胆に登場!

今宵49話の妖しい蛍火が奈落への道を灯す。

購入サイト

この著者の作品

  • 奥羽怪談 鬼多國ノ怪

    黒木あるじ 他

    発売日:2022/5/30
    定価:本体680円+税

  • 瞬殺怪談 罰

    平山夢明 他

    発売日:2022/1/31
    定価:本体680円+税

  • 奥羽怪談

    平谷美樹/黒木あるじ/小田イ輔/高田公太/津村かおり

    発売日:2021/7/29
    定価:本体680円+税

  • 瞬殺怪談 死地

    平山夢明 他

    発売日:2021/3/29
    定価:本体680円+税

  • 怪談四十九夜 断末魔

    編:黒木あるじ

    発売日:2020/11/27
    定価:本体650円+税

infomation