村怪談 現代実話異録

■作品紹介

日本の中の異界、村。独自の文化を持ち、様々な掟と共に生きる閉鎖社会の恐怖譚を聞き集めた現代の実話怪奇録。

山梨の山中で迷い込んだ廃村。脱出するにはある問答に答える必要が…「四人集落」、土葬の風習が残る村。棺に蓋をせずに故人と一夜過ごすと死者と話せるというが…「言うことなし」、小倉南区にかつてあった集落では正月に餅を食べてはならない。禁を破ると…「カプグラ」、初子が誕生したら家の年長者を山の縦穴に放り込んできた青森の村。山神への生贄だと言うが真実は…「山神穴」、四国のとある村。真新しい公民館が建つ土地には禍々しき因縁が…「生焼け」――他、日本の闇に迫る最恐25話。

【編著】
加藤一

【共著】
久田樹生/神沼三平太/つくね乱蔵/服部義史/松本エムザ/雨宮淳司/内藤駆/橘百花/渡部正和/ねこや堂/高野真/三雲央/ふうらい牡丹/夕暮怪雨

購入サイト

この著者の作品

  • 恐怖箱 亡霊交差点

    加藤一/編著

    発売日:2021/11/29
    定価:本体680円+税

  • 「超」怖い話 鬼窟

    渡部正和

    発売日:2021/9/29
    定価:本体680円+税

  • 黄泉つなぎ百物語

    平山夢明/川奈まり子/夜馬裕/営業のK

    発売日:2021/7/29
    定価:本体1,500円+税

  • 恐怖箱 怨霊不動産

    加藤一/編著

    発売日:2021/6/29
    定価:本体680円+税

  • 鬼怪談 現代実話異録

    加藤一/編著

    発売日:2021/3/29
    定価:本体680円+税

  • 恐怖箱 心霊外科

    編者:加藤一

    発売日:2020/11/27
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 怪玩

    加藤一

    発売日:2020/6/27
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 怪書

    加藤一編著

    発売日:2019/11/29
    定価:本体650円+税

  • 「超」怖い話 隠鬼

    渡部正和

    発売日:2019/9/28
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 怪画

    加藤一編著

    発売日:2019/6/28
    定価:本体650円+税

infomation