「超」怖い話 怪逅(かいこう)

■作品紹介

読むのに覚悟がいる本である。正直に申し上げれば、すっっきりとした読後感=カタルシスを得られる話は少ない。それどころか異物を飲み込んだような重苦しいものが腹の底に溜まる。なぜなら怪事は終息せず、体験者のもとで続いているからである。現在進行形の謎と呪い。ミステリー小説ならあり得ぬラストだが、実話怪談とはそういうものである。恐怖の後の安堵などという甘いプレゼントは用意されていない。ページを繰ったが最後、不条理な戦慄世界にひたすら翻弄されることになるー奇妙な歓喜と熱狂とともに。邂逅の意は「めぐりあうこと」とある。怪事に邂逅した人々の記録が本書『怪逅』である。そう、怪はめぐるのだ。貴方が本書と邂逅したことはすでに、その予兆なのかもしれない。

購入サイト

この著者の作品

  • 黄泉つなぎ百物語

    平山夢明/川奈まり子/夜馬裕/営業のK

    発売日:2021/7/29
    定価:本体1,500円+税

  • 恐怖箱 怨霊不動産

    加藤一/編著

    発売日:2021/6/29
    定価:本体680円+税

  • 鬼怪談 現代実話異録

    加藤一/編著

    発売日:2021/3/29
    定価:本体680円+税

  • 樹海村〈小説版〉

    久田樹生

    発売日:2021/1/21
    定価:本体800円+税

  • 恐怖箱 心霊外科

    編者:加藤一

    発売日:2020/11/27
    定価:本体650円+税

  • 社畜怪談

    久田樹生 黒碕薫

    発売日:2020/8/28
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 怪玩

    加藤一

    発売日:2020/6/27
    定価:本体650円+税

  • 南の鬼談 九州四県怪奇巡霊

    久田樹生

    発売日:2020/3/28
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 怪書

    加藤一編著

    発売日:2019/11/29
    定価:本体650円+税

  • 恐怖箱 怪画

    加藤一編著

    発売日:2019/6/28
    定価:本体650円+税

infomation