高崎怪談会 東国百鬼譚

■作品紹介

群馬県高崎市で地元の怪談家を中心に開かれてきたご当地怪談会〈高崎怪談会〉。今回は主催の戸神重明のもと、籠三蔵、北城椿貴、しのはら史絵、春南灯、マリブル、夜馬裕――高崎怪談会の歴史を彩ってきたゲスト6人が大集結。2015年よりこれまで20回以上開催されてきた中でも特に忘れがたい恐怖譚と、新作書き下ろしを贅沢に収録した。「高崎の四つ辻」「高崎郊外の古寺」(戸神重明)、「赤城山の夜道」(マリブル」他、群馬の怖い話が満載!

購入サイト

この著者の作品

  • 厭談 祟ノ怪

    夜馬裕

    発売日:2020/9/28
    定価:本体650円+税

  • 現代怪談 地獄めぐり 業火

    神薫 他

    発売日:2020/6/27
    定価:本体650円+税

  • 怪談最恐戦2019

    怪談最恐戦実行委員会/編

    発売日:2020/3/28
    定価:本体650円+税

infomation