マンスリーコンテスト アグニの神

芥川龍之介
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/43014_17430.html 

支那シナの上海シャンハイの或ある町です。昼でも薄暗い或家の二階に、人相の悪い印度インド人の婆さんが一人、商人らしい一人の亜米利加アメリカ人と何か頻しきりに話し合っていました。

「実は今度もお婆さんに、占いを頼みに来たのだがね、――」

 亜米利加人はそう言いながら、新しい巻煙草まきたばこへ火をつけました。

「占いですか? 占いは当分見ないことにしましたよ」

 婆さんは嘲あざけるように、じろりと相手の顔を見ました。

「この頃は折角見て上げても、御礼さえ碌ろくにしない人が、多くなって来ましたからね」
「そりゃ勿論もちろん御礼をするよ」

 亜米利加人は惜しげもなく、三百弗ドルの小切手を一枚、婆さんの前へ投げてやりました。

「差当りこれだけ取って置くさ。もしお婆さんの占いが当れば、その時は別に御礼をするから、――」

 婆さんは三百弗の小切手を見ると、急に愛想あいそがよくなりました。

「こんなに沢山頂いては、反かえって御気の毒ですね。――そうして一体又あなたは、何を占ってくれろとおっしゃるんです?」
「私わたしが見て貰もらいたいのは、――」

 亜米利加人は煙草を啣くわえたなり、狡猾こうかつそうな微笑を浮べました。

「一体日米戦争はいつあるかということなんだ。それさえちゃんとわかっていれば、我々商人は忽たちまちの内に、大金儲おおがねもうけが出来るからね」
「じゃ明日あしたいらっしゃい。それまでに占って置いて上げますから」
「そうか。じゃ間違いのないように、――」

 印度人の婆さんは、得意そうに胸を反そらせました。

「私の占いは五十年来、一度も外はずれたことはないのですよ。何しろ私のはアグニの神が、御自身御告げをなさるのですからね」

 亜米利加人が帰ってしまうと、婆さんは次の間まの戸口へ行って、

「恵蓮えれん。恵蓮」と呼び立てました。

 その声に応じて出て来たのは、美しい支那人の女の子です。が、何か苦労でもあるのか、この女の子の下しもぶくれの頬ほおは、まるで蝋ろうのような色をしていました。

「何を愚図々々ぐずぐずしているんだえ? ほんとうにお前位、ずうずうしい女はありゃしないよ。きっと又台所で居睡いねむりか何かしていたんだろう?」

 恵蓮はいくら叱しかられても、じっと俯向うつむいたまま黙っていました。

「よくお聞きよ。今夜は久しぶりにアグニの神へ、御伺いを立てるんだからね、そのつもりでいるんだよ」

 女の子はまっ黒な婆さんの顔へ、悲しそうな眼を挙あげました。

「今夜ですか?」
「今夜の十二時。好いいかえ? 忘れちゃいけないよ」

 印度人の婆さんは、脅おどすように指を挙げました。

「又お前がこの間のように、私に世話ばかり焼かせると、今度こそお前の命はないよ。お前なんぞは殺そうと思えば、雛ひよっ仔この頸くびを絞めるより――」

 こう言いかけた婆さんは、急に顔をしかめました。ふと相手に気がついて見ると、恵蓮はいつか窓際まどぎわに行って、丁度明いていた硝子ガラス窓から、寂しい往来を眺ながめているのです。

「何を見ているんだえ?」

 恵蓮は愈いよいよ色を失って、もう一度婆さんの顔を見上げました。

「よし、よし、そう私を莫迦ばかにするんなら、まだお前は痛い目に会い足りないんだろう」

 婆さんは眼を怒いからせながら、そこにあった箒ほうきをふり上げました。
 丁度その途端です。誰か外へ来たと見えて、戸を叩たたく音が、突然荒々しく聞え始めました。

現在募集中のコンテスト

【第27回・募集概要】
お題:夏に纏わる怖い話

原稿 1,000字以内の、未発表の実話怪談。
締切 2020年07月20日24時
結果発表 2020年07月29日
☆最恐賞 1名
Amazonギフト3000円を贈呈。
※後日、文庫化のチャンスあり。
佳作 3名
ご希望の弊社恐怖文庫1冊、贈呈。
応募方法 下記「応募フォーム」またはメールにて受け付けます。
フォーム内の項目「メールアドレス」「ペンネーム」「本名」「作品タイトル」 を記入の上、「作品本文(1,000字以内)」にて原稿ご応募ください。 応募フォーム
メールの場合は、件名に【怪談最恐戦マンスリーコンテスト7月応募作品】と入力。 本文に、「タイトル」「ペンネーム」「本名」「メールアドレス」を記入の上、原稿を直接貼り付けてご応募ください。 kowabana@takeshobo.co.jp