マンスリーコンテスト 2021年7月結果発表

怪談マンスリーコンテスト

ー 怪談最恐戦投稿部門 ー

2021年7月結果発表

最恐賞
「小屋の中」月の砂漠
佳作
「札付きの恋」影絵草子
「少女食らう神」雨森れに
「裏山のひと」高倉樹
「フィルムケースの友情」緒音百

「小屋の中」月の砂漠

 Jさんという四十代の男性から聞いた話だ。
Jさんは小学生の頃、E君という同級生の家へよく遊びに行っていた。
 E君は町の地主の一人息子だった。趣味の野球をきっかけに親しくなり、家に招かれるようになったのだ。
 E君の家は近隣で一番大きく、お屋敷と呼ぶのにふさわしかった。庭も広く、Jさんたちはそこでキャッチボールを楽しんだ。

 その庭に、一件のプレハブ小屋が建っていた。
 E君は「いらなくなったものを置いてあるだけの単なる物置小屋」と言っていたが、Jさんは何となく気になった。家屋の豪華さと比べて、その小屋はいかにもみすぼらしく、屋敷の中で明らかに浮いていたのだ。

 ある時、Jさんはこっそり、小屋の窓から中を覗いてみた。黒いカーテンが引かれており、中の様子は伺えなかった。
そこをE君に見つかり、Jさんは怒鳴られた。
「やめろ、見るな! 小屋に近付くな!」
 E君のあまりの剣幕にJさんは戸惑った。E君がこんなに怒るのを初めて見たのだ。
 素直に謝りその場は収まったが、小屋の中を覗きたいという好奇心は、むしろ高まった。

 それから数日後のこと。E君の屋敷の庭で、いつものようにキャッチボールをしていた時だ。
E君は爪が割れてしまい、治療のため一人で屋敷の中に戻った。
 今が好機と思ったJさんは、小屋に足を向けた。ダメ元で窓を開けてみる。意外なことに鍵はかかっておらず、ギシギシと音を立てながら開いた。
 はやる気持ちを抑えながら、黒いカーテンをずらす。わずかな隙間から中を覗いた。
 そこには、E君が立っていた。
 Jさんは混乱した。E君は屋敷に戻ったはずで、小屋の中にいるはずがない。
 E君は無表情で、ガラス玉のような目をJさんに向けていた。
ふいに、E君のくちびるがかすかに動き、何か言葉を発しようとした。Jさんはなぜか、それを聞いてはいけない気がして、あわてて窓を閉めた。
 やがて屋敷の方からE君が戻って来た。Jさんは素知らぬ顔で迎えた。

 それ以降も今に至るまで、JさんとE君の交流は続いている。あの小屋も、E君の屋敷の庭にまだある。
だが、Jさんはあれから一度も、小屋の中を覗いていない。
「友だちが嫌がっていることをするのは、やっぱり良くないですから」
とJさんは苦笑いする。
 それでも、Jさんは時々「いらなくなったものを置いてあるだけ」というE君の言葉と共に、あの日見た小屋の中のE君を、思い出してしまうという。

総評コメント

今回は良作多く、佳作4名となりました。総評は後日追記いたします。

〈最終選考〉
「飛ぶ女」ツカサ
「札付きの恋」影絵草子
「もんちゃん」墓場少年
「小屋の中」月の砂漠
「秘密の質問」水曜
「噤む」天堂朱雀
「少女食らう神」雨森れに
「裏山のひと」高倉樹
「卵」あんのくるみ
「フィルムケースの友情」緒音 百

〈一次選考通>
「かもしれない」中野前後
「じっか」影絵草子
「飛ぶ女」ツカサ
「赤子の腹部の黒いモヤ」いまいまり
「札付きの恋」影絵草子
「もんちゃん」墓場少年
「送らないでください」中野前後
「うせもの屋」影絵草子
「悪鬼の匂い」雨森れに
「小屋の中」月の砂漠
「秘密の質問」水曜
「許す理由」天堂朱雀
「噤む」天堂朱雀
「二十歳の誕生日」安田鏡児
「少女食らう神」雨森れに
「猫の忠告」水道橋御堂
「裏山のひと」高倉樹
「卵」あんのくるみ
「○に丼」緒音 百
「フィルムケースの友情」緒音 百
「鬼」あんのくるみ

※投稿日時順

さて、次回8月の応募は本日よりスタート!お題は「スポーツ、運動」に纏わる怖い話。学生時代の部活のこと、運動会の奇妙な思い出、運動部の寮や合宿中の恐怖体験、スポーツ観戦中に起きた怪奇事件、日々のランニングやウォーキング中に遭遇する怪などなど。

皆様のご参加、心よりお待ちしております!

現在募集中のコンテスト

【第39回・募集概要】
お題:双子に纏わる怖い話

原稿 1,000字以内の、未発表の実話怪談。
締切 2021年09月25日24時
結果発表 2021年09月30日
最恐賞 1名
Amazonギフト3000円&文庫化チャンス
佳作 3名
お好きな怪談文庫新刊3冊
応募方法 下記「応募フォーム」またはメールにて受け付けます。
フォーム内の項目「メールアドレス」「ペンネーム」「本名」「作品タイトル」 を記入の上、「作品本文(1,000字以内)」にて原稿ご応募ください。 応募フォーム
メールの場合は、件名に【怪談最恐戦マンスリーコンテスト9月応募作品】と入力。 本文に、「タイトル」「ペンネーム」「本名」「メールアドレス」を記入の上、原稿を直接貼り付けてご応募ください。 kowabana@takeshobo.co.jp